元祖日本産。こだわりの泉州タオル

歴史

大阪泉州タオルの起源は明治18年、大阪で舶来雑貨商を営む新井末吉がドイツ製タオルを入手し、泉佐野市の白木綿業者、里井圓治郎にその製織の研究を奨めたことにはじまります。里井は、その製織法の研究に没頭し、苦心の末、明治20年に筬「おさ」のテリーモーションを利用して輪奈(パイル)をつくる「打出機」を考案、タオル製織に成功、その製品をカルキで晒したことから我が国初の後晒タオルが誕生しました。これを機に、泉州は日本タオル産業発祥の地として、東洋のマンチェスターと称されるまでに発展したのです。

泉州タオルの特徴

泉州タオルは後晒し製法という独自の工程を経て作られます。
“晒(さらし)”とは、糸に付いた不純物を取り除き(精練)、白くする(漂白)工程のことです。タオルを織る際に糸切れを防ぐため、糸につけた糊(のり)や、材料である糸(=綿)にもともと付着している、油分や不純物をきれいに全て取り除き、漂白・水洗いする工程です。
その“晒(さらし)”をタオルが織り上がった後で行うのが、後晒し製法です。
後晒しでつくった泉州タオルは、肌触りが優しいです!
糊や油分を完全におとして、綿本来の柔らかさを引き出します。タオルに触れるだけでふんわりしたやわらかさ、ここちよさを実感して頂けます。
吸水性抜群になります!
糊や油分を完全におとしているので、綿本来の吸水性を引き出します。一回洗ってから、という煩わしさもありません。おろしたてから吸水性の良さを実感頂けます。
とても清潔になります!
後晒しの工程でいろんな汚れが洗い落とし、滅菌されてとても清潔です。おろしたてのタオルも、安心してそのままご使用いただけます。
簡単に縮みません!
織りあがった後でさらしや水洗を行うので、仕上げ後の縮みはほとんどありません。使い勝手の良いサイズをずっと保ち続けます。

泉州タオル人の覚悟

私たち泉州タオル人は、見栄えの良さよりも、実用性の高さを追求します。目には見えづらい部分ですが、生活用品であるタオルは、実用性が優先されるべきだと考えるのです。後晒しに代表される吸水性や肌触り、防縮性、清潔さの担保はもちろん、使い心地の良いサイズ、ドライ・ウェットどちらも使いやすいマルチユース型への拘り等々。抗菌性にはいち早く着目し、抗菌タオルの第一号と第二号は、ここ泉州で生まれました。全ては真っ当なタオルをつくり続けるため。真っ当なタオルをつくりを続ける。妥協は一切許さない。泉州タオルを手に取った人が、「また使いたい」と言って頂ける様に、ひたすら真っ当なタオルつくりを続けていきます。

新たなる決意

使い手のことを考え続けた結果、使い手を取り巻く環境をも大事にしようと、私たちは決意しました。タオルの生産工程の中で化学薬品を殆ど使用しないタオルを生産します。糊剤は天然糊剤100%を使用。糊抜は酵素糊抜を行います。環境ホルモンであるノニルフェノールも一切使用しません。タオルの工業排水は大掛かりなろ過装置によって、最早、還水の域にまで達しています。