今更きけない?熨斗についての豆知識

熨斗の種類

  • 紅白蝶結び

    蝶結びは「ほどいて何度でも結べる」ため、何度有ってもうれしい お祝い事や年間行事などに使います。 快気祝いが「何度も病気になる意味」や結婚祝いが「離婚し再婚する意味」になるので注意が必要です。

  • 紅白結び切り

    結び目が固く結ばれて簡単に解けないことから、結納・結婚祝い、快気祝いのように一度きりであってほしいことの場合に使います。また、水引き(飾り紐)は通常5本(5本で1本や1組と数えます)なのですが、結婚式の場合は夫婦2人を祝いますので、倍の10本(2本・2組)を用います。

熨斗の表書き

熨斗の表書きは様々ですが、渡す先を考慮すれば、もっとスマートです。
一般的には、

  • お得意さま→粗品
  • 新規のお客様→ご挨拶
  • 新年→御年賀 御多織留
  • オールマイティー→御多織留

となっています。ご参考下さいませ。

熨斗(のし)の由来は鮑!?

元は、アワビの肉を薄く削ぎ、火熨斗(アイロン)にて引き延ばし、乾燥させたものだったそうです。「のし」は延寿に通じるため、古来より縁起物とされてきました。長生き長持ちの印と重宝がられ、祝事や慶事の儀式に高価な贈答品として用いられるようになり、時代の移り変わりと共に熨斗鮑を和紙に包んだ形を「のし」と称するようになり、贈答品には「のし」をつけるという風習が出来たのでした。時代とともに簡略化され、アワビの代わりに黄色い紙が用いられるようになり、今となっては全てが印刷になっていますが、形は変わっても 古来から続いている日本人のささやかな気持ちを表現する風習は 受け継いでいきたいものですね。

御多織留の意味は?

贈り物として、手ぬぐいからタオルに移行していったときに、熨斗紙に書く文字が「御タオル」では「倒る」を連想するというので「御多織留」という当て字を考案したものです。
布地を織った最後の部分を「織留(おりどめ)」と言い、転じて物事の締めくくりを意味するのですが、「織留」が「多い」ということは何度も繰り返し物事の成功を収めることに通じるので、このような当て字を作り出したと言われています。